山の駅『喜楽里(きらり)』

         

「山の駅 養老渓谷 喜楽里」について

〇 営業時間 10:00~17:00 (冬季は16:00まで)
〇 定休日  毎週木曜
〇 駐車場  普通:32台分 大型:2台分 二輪:30台分

山の駅 養老渓谷 喜楽里は養老渓谷地域の中間に位置する観光拠点です。
ハンバーガー・そば・アユの塩焼きなどのお食事を提供している他、お菓子・お酒・キーホルダーなどのお土産品販売も行っています。
また敷地周辺には愛車撮影スポットや遠見の滝など、フォトジェニックなスポットも存在します。
観光案内やトイレ休憩はもちろんのこと、食事・買い物・写真撮影スポットなどにもご利用ください!

お知らせ

【5/20】愛車撮影スポットが整備されました


シンボルツリー(柿の木)のすぐ近くまで、二輪車で乗り入れ可能になりました!
愛車の撮影スポットとして、ぜひご活用ください。

【5/19】「遠見の滝」周辺の整備が進められています


内部に崩落があるため立ち入ることは出来ませんが、入口付近まで近づいて写真を撮ることが可能です!
~遠見の滝とは~
先人が水辺の実り豊かな大地を夢に見て、長い歳月かけて掘り進め、人々の願いを実現させた外出川(とでがわ)の川廻しの滝。
遠くを見て(未来を見て)、人々の願いを叶えたことから「遠見の滝」、願いを叶えてくれる滝と言われています。

【4月24日~5月23日】第一回養老渓谷フォトコンテスト開催中!【募集終了しました】

※令和3年5月23日(日)を持ちまして、作品募集は終了致しました。ご協力ありがとうございました。※

令和3年4月24日から5月23日まで、「第一回養老渓谷フォトコンテスト」が開催されます。
「#養老渓谷」、「#美味しい養老渓谷」、「#楽しい養老渓谷」の中から該当するハッシュタグをつけて、
Instagramに養老渓谷温泉郷の写真を投稿してください。
優秀賞に選ばれた方には旅館「渓谷別邸 もちの木」の『ペア無料宿泊券』が贈呈されます!
詳細は以下のリンクから専用HPをチェック!
応募方法・規約
開催案内

【4/9】たけのこ販売のお知らせ【販売終了しました】

※たけのこの収穫時期を過ぎたため、販売を終了しました。※

喜楽里の建物正面にて、今が旬の味覚「たけのこ」の販売を行っています。
今年は暖かい日が続いたため、例年よりも旬を迎えるのが早いです!お買い求めはお早めに!

【2/1】Cafe-Club「BIG-ONE」 営業日変更のお知らせ

ハンバーガーを販売するCafe-Club「BIG-ONE」は令和3年2月1日より【当面の間】、【土日祝日のみ】の営業となります。
平日の営業は行いませんので、ご了承ください。
なお土日祝日の営業時間は「11:00 ~ 15:00」のまま、変更はありません。

【1/30】養老食堂がオープンしました!


・喜楽里建物内の食堂スペースが「大衆そば処 養老食堂」としてオープンしました!
・営業時間 : 平日11:00 ~ 15:00 / 休日10:30 ~ 15:00
・定休日  : 木曜日
寒い季節、暖かい蕎麦を食べて身体の中から温まりましょう!

「山の駅養老渓谷 喜楽里」の年末年始営業について

・年末は30日まで営業いたします。
・31日、1日、2日は休館となります。
・年始は3日から営業いたします。

「養老川漁業協同組合」による鮎の塩焼きは、年内12月26日・27日で営業終了となります。

新年は1月9日土曜日から、土曜、日曜、祝祭日の営業となります。

「Bigoneバーガー」は、年内12月30日まで営業いたします。

新年は1月2日からの営業となります。

サイト公開しました。

養老渓谷の今

歴史ある温泉旅館。風光明媚な滝、渓谷、周辺の山々は四季により様々な表情を見せてくれます。養老渓谷の「今」をフォトジェニックなビジュアルにてお伝えします。

    飲食

    ハンバーガー

    大人気!BIG ONEバーガーのキッチンカーが常設しています。いつでも肉厚でジューシーなハンバーガーをお楽しみいただけます。

    BIG ONEバーガーの肉厚ジューシーハンバーガー

    飲食ブース

    室内には無料の休憩スペースもございます。キッチンカーで販売されているハンバーガーもここでゆっくり食べて頂くことができます。

    おしゃれな飲食ブースでお寛ぎください。

    お土産

    • 養老渓谷、大多喜エリアのお土産がそろっています。
    • このエリアでしか買えないおみやげを大切な方へいかがでしょうか。
    • 地域で獲れたものや生産してるものも取りそろえています。

    周辺の観光スポット

    喜楽里周辺の観光スポットです。一部紹介しますが室内には養老渓谷のみどころを紹介した観光マップもあります。是非ここを観光の拠点にして回ってみてください。

    周辺観光を見る

    • 出世観音
      出世観音:養老渓谷の恵まれた美しい自然の中に静かにたたずむ養老山立國寺は、源頼朝公が再起をかけ祈願した「出世観音」として知られ、「開運招福の観音様」「祈祷の名刹」として古くから多くの方々に親しまれています。
    • 粟又の滝
      粟又の滝:養老渓谷にある房総一の名瀑です。上総養老の滝とも呼ばれ、落差30mほどの階段状の岩盤を約100mにわたって清流が滑り落ち、穏やかな情緒を感じさせます。
    • 弘文洞跡
      弘文洞跡:今からおよそ140年前、耕地を開拓するため、養老川の支流、蕪来川を川まわしして造った隧道。弘文帝と十市姫にゆかりの深い高塚や筒森神社の傍を流れ本流にそそぐ合流点にあることから「弘文洞」と命名され、景勝地、釣り場の代表として世に紹介されましたが、昭和54年(1979)5月24日未明、頭頂部が崩壊しました。
    • 「向山トンネル」。別名「2階建てトンネル」。
      向山トンネル:県道81号より温泉旅館「隠れ湯の宿 川の家」の途中にあるトンネル「向山トンネル」。別名「2階建てトンネル」。下段は素掘りながらコンクリートの塗装があるものの、上段は素掘りがそのままに現存。近年インスタスポットとして 有名に。

    協業企業体3社について

    山の駅喜楽里 はわくわくカンパニー大多喜、養老渓谷観光協会、たけゆらの里おおたきの3社において運営される養老渓谷地域の新しい観光情報拠点です。